柔軟性をもって業務に対応できる人材

企業法務という業務は一般職とは全く違う顔を持っています。企業の中で事務系職員が企業の契約書類作成に関わるという事は通常ありませんが、企業法務は契約書作成などにも顧問弁護士と共に係る事が多いですし、新しいプロジェクトの中で戦略を考えていくといった経営陣に近い業務をこなすこともあります。時に審査や適性を見極めるなども業務の中で必要になってきますので、多岐にわたった業務をこなせる総合力が必要と考えられます。

従って業務の中、それ以外の部分でも深い法律の知識を持っていることが求められます。転職や就職情報サイトを見ると、企業法務の雇用条件に法律に関する知識がある方、資格者優遇などの文字を見かけますが、こうした知識を持っていないと企業法務としての業務が成り立たないからです。

そのため、法律の知識を持っているという事は必須です。また企業内の問題を法律の知識をもって解決に導くなどの能力も必要となるので、知識を活かせる力も持っておくべきでしょう。幅広い知識を持つ探究心があり、物事を正確に判断できる力がある、根気よく物事に取り組むことができるなどの力も重要です。

頭でっかちではなく柔軟性をもって物事に対応できる人は、企業法務に向いている人といっていいでしょう。