幅広い知識が必要な企業法務

最近企業法務という言葉を聞くことが多くなりました。企業において内部に企業法務課などを設ける事も多くなっています。企業法務とは何かというと、一般的には業務上発生した問題や、社内の問題などを法律の専門知識を活かし対応していくという業務です。企業では様々な問題が起こるため、場合によっては弁護士と顧問契約を結んで企業法務を依頼したりしています。

取引先との問題もありますし、労災の問題、さらに最近は社員のコンプライアンス教育に関しても企業法務が関わる事が多くなっています。こうした諸問題を未然に予防する、また起った問題について顧問弁護士などと共に対応していくなど、企業によって企業法務の在り方、どのように業務に携わるか違ってきます。

就職、転職をする方にとっても企業法務という仕事はお給料の面でもやりがいとしても非常に魅力ある業務となりますが、企業法務は企業と取引先との契約や財務、また従業員教育といった大切な業務に関わる事が多いので、雇用条件は厳しいものとなっています。ただ全く未経験を取らないという事もなく、企業によっては企業内で企業法務の先輩方のアシスタントをさせつつ人材育成していくという所もあります。

法律の知識はもちろんのこと、企業の業務内容や経理、従業員教育等幅広い知識が求められます。しっかり勉強していく事が必要ですし、企業法務に向いているかどうか、自分を見つめ直し対応できる業務かどうかも考える必要があるでしょう。当サイトは企業法務を目指す方々に、企業法務に向いている人とはどういう事なのかお知らせします。皆様のお役にたてたら幸いです。